民主党代表選挙共同記者会見 2010.9.1

記事公開日:2010.9.1取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根かんじ)

 2010年9月1日(水)16時より、東京都千代田区にあるホテルニューオータニで「民主党代表選挙 共同記者会見」が行われた。会見では、菅直人氏、小沢一郎氏がそれぞれ、地方分権や普天間基地移設問題、また政治資金の問題、ねじれ国会などについての質問に答えた。

■ハイライト

 映像は、菅氏のスピーチ後半から中継、小沢氏の会見に移った。「207兆円の予算の組み替えはマニフェストにも唱った。一番の大きな問題は、地方は、補助金が中央官庁の定食メニューに載っていないともらえない。これが行政の仕組みだ。福井県の話で、除雪パイプ新設の予算が、スキー場が併設されていないと付かない、という条件だった。それで、スキー場も作って除雪パイプを埋設したが、10年以上、スキー場が使用されることはなかった。除雪のために多大なムダを生んでいる。補助金は自主財源として、地方に任せる。国の資産200兆円ほどを証券化することも、財源の調達のためには、考えられる」などと地方分権の考えなどを語った。

 質疑応答に移った。朝日新聞記者から小沢氏へ、普天間問題の経緯と感想を訊いた。小沢氏はそれについて「沖縄もアメリカ政府もどちらも納得できる案を提案すれば、それはできる。両者と話しあって解決できる道はある」と答えた。菅氏は「自分は直接、たずさわってはいなかったが、普天間移転問題は、鳩山元首相が、非常に苦労された事案であった。最終的には、5月28日、鳩山政権は、日米合意に苦渋の選択をした。これからはある程度の方向性を持って交渉、進展していくためにも、日米合意を踏まえて、沖縄の負担軽減を考慮しながら、努力をしている結果だ。沖縄県民は、厳しい評価を下しているが、それをまた白紙に戻すことは、さらなる混迷を招く」などと答えた。

 すると小沢氏が「白紙撤回してゼロから交渉をはじめるつもりではない、あと自分が幹事長だったことも強調するが、党務と政務はきっちりわけていたので、自分はその件については、かかわっていない」と訂正した。共同通信記者から政治と金について、「司法当局が、起訴の判断をした。今までのご自身の説明で、国民の理解の上で、足りなかった部分はどこにあるのか」、また菅氏に対して、「オープンなクリーンな民主党のためには何が必要だと思うか」との質問がでた。まず、菅氏が答えた。「小沢氏に関しては、幹事長辞任が、一定の責任のケジメをとったと理解している。しかし、代表選に出馬するなら納得できる説明は必要だ。オープン、クリーンな政党つくりという点では、団体企業献金の禁止など努めてきた。鳩山首相、小沢幹事長のときに政調会長職をなくしたが、自分は復活させた。それによってオープンな党運営ができるようになった」。

 次に、小沢氏が、政治資金について2点、答えた。「以前から政治政党はすべてオープンにすることを主張してきた。自分の問題が起こったときには、領収書などをすべて公表した。政治家のなかでは自分だけだ。昨年来、説明責任とよく言われるが、自分以外の政治家も同様に、マスコミにも取り上げられてきていた。しかし、自分と秘書だけが、1年以上の強制捜査を受け続けたが、犯罪性がないことは明らかにされている。行政もすべてオープンすることを日本社会は行っていかなければならない」などと述べた。読売新聞記者より質問がでた。「参院選挙の大敗の総括について。ねじれ国会の解決法、政権の枠組みを変えるのか」などと質問した。

 小沢氏は「選挙は、民主主義社会で国民にとって、とても重要な行為。参院選の負けはじゅうぶんに、考えなくてはいけない。政界再編などで、国会運営を乗り切ろうとは考えていない」などと答えた。菅氏は「参議院選挙の結果は、自分の責任もある。ねじれ国会は、厳しいが、天の配剤だ、とも思っている。今の日本が置かれているたいへん深刻な財政、少子化など大きな問題を、ひとつの党では、対処できない状態でもある。ゆえに他党との協議と合意がないと成立しないことは、こういった課題を解決するチャンスだと思っている」と答え、菅氏は「小沢氏には、どういう総理になりたいのか、総理大臣のイメージがわくように伝えて欲しい」と述べた。最後に、それに対し小沢氏は「20年以上前、閣僚をしていたが、政治家とは、誠実に、たんたんと役職をこなしていくことが、その資質だと思っている。政治家は、国民の命と生活を守っていくことが、一番のだと理念と思ってもいる」などと話した。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です