「テレビ・新聞報道を支配するカラクリ」 本間龍氏 講演 2013.3.23

記事公開日:2013.3.23地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・宮里/澤邉)

 2013年3月23日(土)14時から、横浜市神奈川区の神奈川県保険医協会で「反核医師の会・原発学習会『テレビ・新聞報道を支配するカラクリ』 本間龍氏 講演」が行われた。大手広告代理店である博報堂の営業部門に18年間勤めていた作家の本間氏が、原発やTPPなどの報道に見られる、広告代理店によるメディアコントロールの仕組みについて解説した。

■ハイライト

 本間氏は冒頭に、著書『電通と原発報道』(2012年6月初版・亜紀書房)を出版した理由を、「3.11以後、なかなか報道が脱原発を伝えないことにはシビアな理由があるが、広告代理店以外の人にはわからないため、本を書いた」と述べた。さまざまな大手出版社の知り合いからは、同書について、「うちでは怖くて出せない。企画書さえ上げられない」と言われたことも明かした。

 電通の企業規模について、「売上高が1兆8000億円で、世界第1位の広告代理店であり、企業規模はテレビ局などの全メディアよりも大きい」と述べた。巨大化した背景として、「戦後、戦犯として追放されていた財界人を迎え入れて、経済界との強いつながりを作ったこと。国策に沿ってテレビ局とラジオ局が作られた際に、電通から人や金を投入して営業基盤を築いたこと。自民党と強固に結びついていること」などを挙げた。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です