秘密保全法制と情報公開について考える院内集会 2012.3.22

記事公開日:2012.3.22取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原)

 2012年3月22日(木)、参議院議員会館にて行われた、秘密保全法制と情報公開について考える院内集会の模様。

■ハイライト

  • 内容
    主催者挨拶 宇都宮健児氏(日本弁護士連合会会長)
    国会議員の方からの挨拶
    日弁連からの報告
    鎌田慧氏(ルポライター)、奥平康弘氏(憲法研究者)、齊藤豊治氏(刑法学者)からの発言
  • 主催 日本弁護士連合会

 先日、藤村官房長官が、今国会提出見送りの姿勢を示した秘密保全法案。この集会の登壇者の一人である上智大学・田島泰彦教授は、提出見送りの意味を、「どうすれば、あまりにも多くの問題を含むこの法案を成立させられるのか、さらに検討するという意思表示」であるという。

 原子力災害対策本部同様、同法案の枠組み作成にあたった有識者会議の議事録がなく、メモも全て破棄されているということから、日弁連会長・宇都宮健児氏は、「政府の密室主義が表れている」とし、「原発事故に関する情報隠しや沖縄密約事件のことを考えると、今、政府に求められているのは情報公開の徹底」であると批判した。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です