明るく楽しい放射能リスク学習会@柏〜講師 早川由紀夫氏(群馬大学教授・地質学者) 2012.3.20

記事公開日:2012.3.20取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・中埜)

 2012年3月20日(火)、千葉県柏市の中央公民館にて行われた「明るく楽しい放射能リスク学習会@柏」の模様。

■ハイライト

  • 講師 早川由紀夫氏(群馬大学教授・地質学者)
  • 日時 2012年3月20日(火)
  • 場所 中央公民館(千葉県柏市)

 原発事故後どのように放射能汚染がされていったのか、また放射能汚染地図がどの様に作られて行ったのか、早川氏自身のTwitterでの発言記録や当時の新聞報道等を振り返りながら説明がされた。

 氏は、自身の専門でもある火山学の観点から「セシウムを含んだ埃の舞上がりのプロセス」についても言及。日常的に個々人其々が放射能を測定する事の重要さを説くとともに、「4月5月は埃の舞上がりに特に気をつけて生活をして欲しい」と注意を促す一場面も見られた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です