2013/01/18 「ふくしま集団疎開裁判」緊急記者会見・院内集会  

記事公開日:2013.1.19
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年1月21日(月)に、仙台高裁で3回目となる審尋が行われる。それに伴い、2013年1月18日(金)、東京都千代田区の参議院議員会館で、裁判の現段階と福島の健康被害の今についての記者会見と、集団疎開の実現や自主避難者の権利獲得のための院内集会が行われた。

■発言者
 記者会見
 ・柳原敏夫弁護士(弁護団)
 ・吉田邦博氏(南相馬、安心安全プロジェクト) 「衣服の放射能汚染調査について」
 ・医師 「福島と首都圏(心筋梗塞の増加、取手の心電図異常など)について」
 ・大河内秀人氏(原子力行政を問い直す宗教者の会) 「宗教者の取組みについて」
 ・瀬戸大作氏(パルシステム) 「強制避難を強いられた「双葉町」の問題」
 院内集会
 ・榎本健二氏(新潟雪だるまの会) 「新潟県内の避難受入れの取組み」
 ・満田夏花氏(FoE Japan) 「福島市渡利地区、避難の権利運動」
 ・柳原敏夫弁護士 「避難運動の今後の連携について」
 ・討論、上記記者会見の登壇者 他
■詳細
 http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2013/01/blog-post_13.html

このアーカイブの完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です