日本未来の党 神奈川県内予定候補者共同記者会見

記事公開日:2012.11.30取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富山/奥松)

 2012年11月30日(金)16時から、横浜市の神奈川県庁内・県政記者クラブで、日本未来の党 神奈川県内予定候補者の共同記者会見が行われた。会見の中では、党の基本政策、理念、政党が乱立する状況の中での日本未来の党のスタンス等が語られた。

■ハイライト

  • 出席者
  • 阿部知子氏(県連代表・政審会長)、露木順一氏(代表代行)、樋高剛氏(副代表)、岡本英子氏(幹事長)、山崎誠氏(幹事長代理)、河野敏久氏(政審会長代理)

  • 日時 2012年11月30日(金)
  • 場所 神奈川県庁内・県政記者クラブ(神奈川県横浜市)

 会見の冒頭、阿部知子氏は「東日本大震災後、初めて行われる国政選挙で、第一に問われるのは、原発をどう終わらせるかを示すことである」と述べ、日本未来の党が、原発を終わらせたいという国民の思いを受け止め、大同小異で団結した政党であることを説明した。また、「脱原発、卒原発、原発ゼロと各々が主張しているが、なぜ、各政党で協力できないのだろう、という想いがある。卒原発は未来の社会像であり、それを目指していきたい」と話した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です