「沖縄の声」をアメリカへ いま、若者は何を伝えるべきか(名護市) 2017.8.13

記事公開日:2017.8.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年8月13日(日)16時より、沖縄県名護市の名桜大学学生会館SAKURAUMにて、「『沖縄の声』をアメリカへ いま、若者は何を伝えるべきか」」と題する意見交換会が開催された。主催は、オール沖縄会議訪米プロジェクトチーム・若者グループ。

■全編動画

  • 登壇 玉城愛氏(琉球大学大学院)/與儀幸太郎氏(ハワイ大学)/小緑隆司氏(琉球大学)/瀬名波奎氏(L.I.C.報告会実行委員会)/元山仁士郎氏(一橋大学大学院)/平良美乃氏(琉球大学大学院)
  • タイトル 「沖縄の声」をアメリカへ いま、若者は何を伝えるべきか(名護市)
  • 日時 2017年8月13日(日)16:00〜
  • 場所 名桜大学学生会館SAKURAUM(沖縄県名護市)
  • 主催 オール沖縄会議訪米プロジェクトチーム・若者グループ
  • 告知 元山仁士郎氏ツイート (Twitter)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です