第60回日本弁護士連合会人権擁護大会プレシンポジウム〜生きることのリアル〜(京都市)山本潤氏講演「性暴力を生きることのリアルと必要な支援」 2017.8.12

記事公開日:2017.8.13取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年8月12日(土)、同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)で開催された第60回日本弁護士連合会人権擁護大会プレシンポジウム「生きることのリアル」で、『13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル』(朝日新聞出版)の著作のある山本潤氏が「性暴力を生きることのリアルと必要な支援」と題し講演した。

※シンポジウム中、山本氏講演部分のみの録画となっております。

■全編動画

0分~ 木内氏挨拶/5分〜 山本氏講演
  • 主催挨拶 木内哲郎氏(京都弁護士会会長)
  • 講演 山本潤氏(『13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル』〔朝日新聞出版〕著者)「性暴力を生きることのリアルと必要な支援」
  • タイトル 第60回日本弁護士連合会人権擁護大会プレシンポジウム〜生きることのリアル〜 山本潤氏
  • 日時 2017年8月12日(土)13:50〜
  • 場所 同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)
  • 主催 京都弁護士会/共催 日本弁護士会連合会詳細、PDF)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です