東濃・西濃市民団体による「日本原子力研究開発機構東濃地科学センター」・「自然科学研究機構核融合科学研究所」への質問書提出 ~日本原子力研究開発機構・大洗研究開発センター被曝事故の問題を受けて 2017.6.13

記事公開日:2017.6.19取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月13日(火)、日本原子力研究開発機構 大洗研究開発センターでの作業員の被曝事故を受け、「多治見を放射能から守ろう!市民の会」、「原発ゼロをめざす多治見の会」、「原発ゼロをめざす加茂の会」の東濃・西濃市民団体が、岐阜県の「日本原子力研究開発機構東濃地科学センター」と「自然科学研究機構核融合科学研究所」へ質問書の提出を行った。

■全編動画

  • 参加団体 多治見を放射能から守ろう!市民の会、原発ゼロをめざす多治見の会、原発ゼロをめざす加茂の会
  • 日時 2017年6月13日(火)10:00~
  • 場所  日本原子力研究開発機構東濃地科学センター 瑞浪超深地層研究所 (岐阜県瑞浪市)、自然科学研究機構核融合科学研究所(岐阜県土岐市)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です