原発賠償京都訴訟の勝利をめざす市民の集い 2017.5.20

記事公開日:2017.5.21取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 福島原発事故の避難者が国・東電に対し損害賠償を求めて京都地裁に提訴している訴訟を支援する「原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会」の第3回総会と「原発賠償京都訴訟の勝利をめざす市民の集い」が2017年5月20日(土)13時より京都弁護士会館(京都市中京区)で開かれた。

 集会では、前橋地裁が国・東電への賠償を命じる判決を出した群馬訴訟を元に、立命館大学教授の吉村良一氏が「群馬訴訟判決の評価と各地の集団訴訟の争点」と題して講演した。

■ハイライト

  • 原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会第3回総会
    原告挨拶/活動総括・活動方針案/決算・予算案/質疑討論
  • 市民の集い
    講演 吉村良一氏(立命館大学教授)「群馬訴訟判決の評価と各地の集団訴訟の争点」
  • (※このあと行われた講演・討論は録画に含まれません)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です