【岩上安身のツイ録】稲田朋美防衛相の虚偽答弁の物証が!2004年12月、「森友学園」が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録を共同がスクープ!〜「極右学校法人の闇」第44弾! 2017.3.14

記事公開日:2017.3.14 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 極右学校法人の闇
※3月14日未明の岩上安身のツイートを並べて掲載しています。

 今、3月14日の午前中4時過ぎ。毎朝8時に会員へ発行するメルマガIWJ日刊ガイドの校了も終え、帰宅し、寝る前に最後のニュースチェックしたら、出てるじゃないか!共同のスクープ!共同伝を伝える毎日のニュースサイト、午前2時28分に更新されていた。朝の日刊ガイド、書き直し!

 これがその共同伝を伝える毎日のニュースサイト。

 稲田氏は昨日13日の参院予算委員会で「籠池氏の事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」と民進党の小川敏夫議員の質問に答えて、はっきりと述べていた。しかし、その答弁を覆す証拠があったのである!

 共同は、「稲田朋美防衛相が2004年12月、籠池泰典氏が理事を務めていた大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録がある」と写真も添えて伝える。

 さらに、共同はこう続ける。「学園が04年10月18日に大阪地裁に提訴した同市淀川区の土地と建物の抵当権抹消登記請求訴で、訴状の「原告訴訟代理人」には稲田氏と夫の龍示氏、もう1人の計3人が記された」

 そしてここが重要。「同地裁が作成した第1回口頭弁論調書には、同12月9日の初弁論に龍示氏を除く稲田氏ら2人の名前が「出頭した当事者等」に記載されていた」。稲田氏は自ら法廷への出廷し、その記録が裁判所の作成した記録に残っていたのである

 夫と共同の弁護士事務所を開設していたから名前が連名で使われた、などという申し開きはもう通用しない。民進党の小川敏夫参院議員が13日の参院予算委で、質問した際に、稲田防衛相は何と答弁したか。

 小川敏夫議員が「裁判の準備書面に訴訟代理人弁護士として稲田氏と夫の名前が記されていると指摘」した際、稲田氏はこうとぼけた。「共同事務所の場合、1人の弁護士の事件についても連名で出すことはある。委任状の中に私の名前があることは推測される」

 さらに稲田防衛相はこう言い切ったのだ。「籠池氏夫妻が『法律相談をしていただいた』と言うのは全くの虚偽だ」と。そこまで国会で言い切った稲田氏が、実は森友学園の裁判のために法廷まで出廷していた。虚偽答弁は明らかである。本日14日の国会が見もの。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です