シオニズムはユダヤ教の教義に反する「世界の極右最前線としてのイスラエル」について~ヤコブ・M・ラブキン氏講演会 2017.3.7

記事公開日:2017.3.8取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年3月7日(火)、京都市左京区の京都大学・吉田南キャンパスで、モントリオール大学教授のヤコブ・M・ラブキン氏の講演会が開かれた。

■ハイライト

  • 題目 世界の極右最前線としてのイスラエル
  • 日時 2017年3月7日(火) 18:30~
  • 場所 京都大学 吉田南キャンパス(京都府京都市)
  • 主催 京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室
  • 共催 アジア経済研究所

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です