天皇制ファシズムと「国家神道」、そして柳田國男が温存した「神道」のドグマとは? 岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー3日目(近代・現代編) 2016.12.15

記事公開日:2017.1.12取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:岩上安身、文:平山茂樹)

※1月19日テキストを追加しました!
※サポート会員の方は、無制限で全編動画とテキストをご覧いただけます。
ぜひ会員登録して全編をご覧ください。
会員登録はこちらから

 現在の安倍政権のもとで、大日本帝国で猛威をふるった「国家神道」が復活の兆しを見せる中、古代にまで遡って「神道」の起源を探ってきた岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏へのインタビュー・シリーズ。3日目である2016年12月15日には、明治維新後の近代、さらには戦後社会における「神道」の展開について聞いた。

 幕末に尊皇の志士の間で流行した「国体論」の影響を強く受けた明治の元勲らは、大日本帝国憲法や教育勅語を通じ、天皇中心主義的な「国家神道」を国民に刷り込んでいった。なかでも、大日本帝国による侵略戦争を精神的な側面から肯定し、国民を戦争へと駆り立てていったのが、靖国神社である。

■イントロ

  • 収録日時 2016年12月15日(木) 14:30~
  • 配信日時 2017年1月12日(木) 18:00~
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

「宗教」ではなく「国家の祭祀」として侵略戦争を肯定した「国家神道」

 東京・九段にある靖国神社。ここには、幕末から太平洋戦争に至るまでの戦没者約246万柱が「英霊」として祀られている。ただし祀られているのは、あくまで大日本帝国の「国策」に殉じた人々で、たとえば明治新政府に反旗を翻した西郷隆盛や江藤新平などは祀られていない。

▲靖国神社(写真:Wikipedia)

▲靖国神社(写真:Wikipedia)

 靖国神社の前身である東京招魂社が創建されたのが、1869年。山口県下関市にあった櫻山招魂場を模倣するかたちで、長州藩の軍事的なリーダーだった大村益次郎の命で作られた。

 井上氏によると、日本国民に対して靖国神社の持つ影響力が増大したのは、1894年の日清戦争と1904年の日露戦争がきっかけであったという。

 「日清・日露という本格的な対外戦争を通じ、日本ではかつて経験したことのない多数の戦死者が発生しました。そのことから、戦死者を『英霊』として祀る靖国神社は国民的な基盤を持つ神社となり、やがては植民地獲得のための帝国主義戦争を美化して、国民を侵略戦争に駆り立てる機関となっていったのです」

 しかし、こうした戦争で戦死したのは、靖国神社に「英霊」として祀られているような日本の軍人だけでは、もちろんない。特に日清戦争で最大の犠牲を出したのは、日本軍でも清軍でもなく、戦場となった朝鮮の人々だった。

▲日清戦争下で行われた日本軍による朝鮮半島での虐殺について明らかにした、中塚明・井上勝生・朴孟洙著『東学農民戦争と日本』(高文献)

▲日清戦争下で行われた日本軍による朝鮮半島での虐殺について明らかにした、中塚明・井上勝生・朴孟洙著『東学農民戦争と日本』(高文献)

民俗学者・柳田國男が温存した「神道は日本民族に固有の宗教である」というドグマ

 多くの国民を戦場に駆り立てて死に追いやった「国家神道」は、戦後、GHQによる「神道指令」によって解体された。そのはず、である。しかし多くの日本人は、今でも神道こそは、昔から今も変わらない「日本民族に固有の宗教」であると考えがちである。安倍政権における「国家神道」の復活も、こうした日本人の心情を巧みに利用したものであると考えられる。

(テキストの続きは、サポート会員ページで)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です