沖縄環境NGO連名による「高江工事強行に抗議する声明」抗議文手交後の記者会見 2016.9.30

記事公開日:2016.10.1取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年9月30日(金)、沖縄県内の環境NGOなど17団体が連名で米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事強行に抗議する声明を公表した。15時より沖縄県庁の県庁記者クラブ(沖縄県那覇市)において声明に関する記者会見が行われた。

※配信状況により現在、会見冒頭部分の映像が欠けております。ご了承下さい。

■全編動画(15:09〜 26分間)

  • 会見者 桜井国俊氏ほか
  • 抗議文提出先 安倍晋三 内閣総理大臣/菅義偉 内閣官房長官沖縄基地負担軽減担当/岸田文雄 外務大臣/稲田朋美 防衛大臣/山本公一 環境大臣/ジョエル・エレンライク 在沖米国総領事
  • 日時 2016年9月30日(金)15:00~
  • 場所 沖縄県庁記者クラブ(沖縄県那覇市)
  • 主催 泡瀬干潟を守る連絡会/沖縄環境ネットワーク/沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団/奥間川流域保護基金/ジュゴンネットワーク沖縄/ジュゴン保護キャンペーンセンター/第33回日本環境会議沖縄大会実行委員会/ダイビングチーム・レインボー/高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会/日本科学者会議沖縄支部/日本森林生態系保護ネットワーク/ヘリ基地いらない二見以北十区の会/ヘリパッドいらない住民の会/辺野古・高江を守ろう!NGO ネットワーク/やんばる DON ぐりーず/やんばるの自然を歩む会/琉球諸島を世界自然遺産にする連絡会

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です