「私たちの息子に、自衛官に、憲法99条『憲法尊重擁護義務』違反の汚名を着せるな!」――安保法制違憲・差止請求事件、第一回口頭弁論報告集会 2016.9.29

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(青木浩文)

 安全保障関連法は違憲だとして、市民らが安保法制にもとづく自衛隊出動の差し止めなどを求めた訴訟の第1回口頭弁論が2016年9月29日、東京地裁で行われ、その報告集会が参議員会館で開かれた。

 代理人弁護士の寺井一弘氏は、「人々は理解力は少ないが、忘却力は大きい」というヒトラーの言葉を紹介し、「忘却との闘い」が大事だと述べた。そのうえで、「安保法制に対する闘いも少しずつ薄くなってきているのを感じる」と警鐘を鳴らした。用意した傍聴用の記者席には、新聞記者が一社しか来ていなかったという。

 さらに寺井氏は、「ジャーナリストが正しい真実を伝えないと、国民が終わったものと思う。最近では、全国どこでも 自分たちとは直接関係のない豊洲問題を一大事のように報じている。マスコミに対する圧力があり、真実から話題をそらし、忘れさせるために行なっているのか?」などと、危機感をつのらせた。

 原告の一人で、自衛官である息子を持つ富山正樹氏は、「私たちの息子に、勝手に解釈改憲などして、専守防衛という宣誓をしている自衛官に憲法違反をさせるものじゃない」と訴えた。

■ハイライト

  • 原告代理人意見陳述(予定) 伊藤真氏、角田由紀子氏、福田護氏
  • 原告意見陳述(予定) 志葉玲氏(戦場ジャーナリスト)、金田マリ子氏(東京大空襲被害者 孤児)、富山正樹氏(自衛官を息子に持つ父)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です