香山リカ氏も飛び入りスピーチ!「なぜ沖縄だったら基地ができてもしかたないのか?」~対米自立・民族自決の愛国者たちが官邸前で辺野古・高江の米軍基地建設に抗議街宣! 2016.9.18

記事公開日:2016.9.18地域: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材 城石裕幸)

 「肝心なときに、今までアメリカが日本を守ってくれましたか?尖閣はどうですか?北方領土はどうですか?北朝鮮の拉致被害者に対して、アメリカ軍が何かしてくれましたか?」

 2016年9月18日、「 基地問題を考える愛国者連絡会」が首相官邸前で高江ヘリパッド建設に反対して抗議街宣を行ない、呼びかけ人の徹通塾・芝田晴彦氏はこのように問いかけて対米自立を訴えた。

 芝田氏はさらに、「海兵隊はそもそも直接日本を守るためのものではない。辺野古の海兵隊基地も高江のヘリパッドも言い訳だ。筋が通らない」とスピーチし、「占領国アメリカ」の顔色ばかりうかがう政府を批判した。

 また、 飛び入りでスピーチを行った精神科医の香山リカ立教大学教授は、「『沖縄だから仕方ない』というのは、私たちの中にある構造的差別だ」と述べ、「これは保守とかリベラルとか、右とか左とか関係ない。私たち日本人みんなの問題だ」と語った。

■ハイライト

  • タイトル 対米自立・民族自決の立場から辺野古新基地や高江ヘリパッド建設反対を訴える「月例・高江ヘリパッド建設反対抗議街宣」
  • 日時 2016年9月18日(日)13:00〜
  • 場所 首相官邸前(東京都千代田区
  • 呼びかけ 基地問題を考える愛国者連絡会(詳細、Twitter)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です