「東京や大阪で同じことが起きれば大騒ぎになる」立教大・香山リカ教授、沖縄への構造的差別を指摘〜学者ら182人が賛同!政府による強権的・暴力的な制圧を非難する共同声明 2016.9.9

記事公開日:2016.9.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「安倍首相は国際会議でさかんに『民主主義、法治国家、環境先進国日本』を強調するが、それとは全く反対の行為が沖縄で行われている」

 2016年9月9日(金)、参議院議員会館で行われた記者会見で、全国の学者や研究者達による「普天間・辺野古を考える会」代表である宮本憲一大阪市立大学名誉教授は、そう指摘した。

 「高江で行われている暴力的な制圧を見ると、沖縄を一体何と考えているのか。植民地のごとく、日本国憲法を無視した行為が続けられている」と糾弾する宮本氏は、さらに「この問題は日本の平和・自治・人権の問題。日本人全体がこれを批判し、沖縄に平和と環境が蘇るような行動をしてほしい」と訴えた。

 また、実際に沖縄県東村高江を訪れた立教大学教授の香山リカ氏は、「何の暴力的なこともしていない人が、自由を奪われたり逮捕されたりしている。このようなことが東京や大阪で起きれば、大変な人権問題として大騒ぎになるが、なぜか沖縄ではそれが見逃されている。これ自体が沖縄に対する構造的差別だ」と語った。

■ハイライト

  • タイトル 普天間・辺野古問題を考える会主催「〈共同声明〉沖縄の人権・自治・環境・平和を侵害する不法な強権発動を直ちに中止せよ!」発表・記者会見
  • 日時 2016年9月9日(金)13:30〜14:30
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区
  • 主催 普天間・辺野古問題を考える会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です