グローバル・ジャスティス研究会 戦争する国になる前に、考えよう 戦争の現実と難民問題 2016.6.12

記事公開日:2016.6.14取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年6月12日(日)13時半より、グローバル・ジャスティス研究会「戦争する国になる前に、考えよう 戦争の現実と難民問題」が同志社大学志高館(京都市上京区)で開かれ、ジャーナリストの西谷文和氏、同志社大学グローバル・スタディーズ研究科の菊池恵介氏が講演を行った。

■全編動画 1/2

0分〜 開会/5分〜 西谷氏講演

■全編動画 2/2

冒頭〜 西谷氏講演〔続き〕/13分〜 菊池氏講演
  • 講演 西谷文和氏(ジャーナリスト、イラクの子どもを救う会)シリア・トルコ最新報告
  • 講演 菊池恵介氏(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科准教授)「ヨーロッパの難民政策〜国境閉鎖は現実的な選択か?」(菊池氏講演冒頭にて紹介されたVICE News報道 その1その2その3〔YouTube〕)
  • (※質疑応答部分は録画に含まれません)
  • タイトル グローバル・ジャスティス研究会 戦争する国になる前に、考えよう 戦争の現実と難民問題
  • 日時 2016年6月12日(日)13:30〜
  • 場所 同志社大学志高館(京都市上京区)
  • 主催 グローバル・ジャスティス研究会(詳細、Facebook)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です