日本外国特派員協会主催 アンゲリカ・クラウセン博士(IPPNW欧州副代表) 記者会見ー日本政府は廃炉労働者、福島県周辺、関東の住民や避難者に対し健康診断を行わなければならないと警告 2016.2.4

記事公開日:2016.2.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年2月4日、東京都千代田区の日本外国特派員協会にて、IPPNW欧州副代表(核戦争防止国際医師会議)のアンゲリカ・クラウセン博士による記者会見が行われた。

■ハイライト

  • 内容 チェルノブイリ原発事故の放射線影響について長年取り組んできたアンゲリカ・クラウセン博士(IPPNW欧州、IPPNWドイツ)より、IPPNWドイツで準備中の最新レポート「チェルノブイリ原発事故から30年、福島第一原発事故から5年」(2月中旬発表予定)の要点を報告します。同レポートでは特に、低線量被ばくのリスクや影響について、2000年代から最近までの各国の論文で重要なものを取り上げ、紹介しています。クラウセン氏は、日本政府はすべての廃炉労働者、すべての福島県周辺や関東の住民や避難者に対して計画的な健康診断を行わなければならないと警告します。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です