「オリンピックが負の要素のきっかけに思われるようなことは、本望ではない」――元五輪メダリスト有森裕子氏が涙の訴え ~「新国立競技場は、ほんとうに使えるものになるのか?」 2015.7.6

記事公開日:2015.7.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・前園由美子)

特集 新国立競技場

※7月14日テキストを追加しました!

 2016年の東京五輪招致を進めていた当時の担当課長である鈴木知幸氏を講師に迎え、2015年7月6日(月)、東京都渋谷区の建築家会館で、神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会主催「まだまだ終わらない公開勉強会3 新国立競技場は、ほんとうに使えるものになるのか?」が開催された。

 ノンフィクション作家で神宮外苑と国立競技を未来へ手わたす会の共同代表でもある森まゆみ氏は、現行案に対して、第三者機関による検討の必要性を訴えた。6月20日の岩上安身によるインタビューにおいても、森氏は「新国立競技場の建設は、誰も幸福にならない公共事業の見本」だとして、あらゆる問題を指摘。新国立競技場ではなく、既存のスタジアムを改修するなど、代替案を提示している。

 5月18日、下村博文文部科学大臣と舛添要一都知事の対談で、建設コストの負担をめぐり国が東京都へ500億円の負担を要請したことについて、舛添知事は憲法違反だと反論している。

 地方財政法の第2条には、「国は、地方財政の自主的な且つ健全な運営を助長することに努め、いやしくもその自律性をそこない、又は地方公共団体に負担を転嫁するような施策を行ってはならない」と定められている。

 そして、憲法第95条では「一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない」と規定されていることから、新国立競技場建設において憲法論議が浮上した。

 しかし、下村大臣が「日本スポーツ振興センター法の規定で東京都に負担を求めることは可能」と、2013年5月に改正された日本スポーツ振興センター法(附則)を引き合いに出し、牽制が続いていた。

 これについて鈴木知幸氏は、「今回のひとつの問題は、スポーツ議員連盟です。非常に都合のいいようにJSCあるいは自分たちの方向性に持っていきたいための議案提出の主体になった」と鋭く指摘する。

 加えて、問題視されているキールアーチや開閉式の屋根、可動席など豪華で莫大な建設コストが算出された新国立競技場だが、選手が競技に臨む前、ウォーミングアップをするために必要なサブトラックは常設されず、仮設で建設されるという問題も明らかになっている。

 会場には、バルセロナ五輪で銀メダル、アトランタ五輪で銅メダルを獲得したマラソンメダリスト有森裕子氏の姿があった。有森氏は、「オリンピックが、みなさんの負の要素のきっかけに思われるようなことは、全アスリートの代表ではありませんが、みなさんに全力で応援していただいた経験を持つ一人のアスリートとして、本望ではありません」と涙ながらに訴え、静まり返った会場から拍手が沸いた。

記事目次

■ハイライト

  • 講師 鈴木知幸氏(元2016年東京五輪招致推進担当課長)

2020年東京五輪のために造られるわけではない新国立競技場

※以下、発言要旨を掲載します

鈴木知幸氏(以下、鈴木・敬称略)「私は建築家、いわゆる建築のプロではありません。したがって今日は、今、起こっている特に制度上、それから資金上のお金の問題等含めて中心的にお話を申し上げたいと思っております。

 まず新聞関係者がいらっしゃいますので、冒頭申し上げたいんですけれども、ずっと冒頭の言葉がつくんですね。『2020年東京オリンピック・パラリンピックの主会場になる新国立競技場』、この言葉をいい加減やめてほしい。

 というのは、メインスタジアム、ちょっと違うところありますけれども、異口同音にこう言われる。この経緯は、2009年7月に2019年のラグビーのワールドカップの日本開催が正式決定します。そのあと、2011年2月に(ラグビー)ワールドカップ2019年日本大会成功議連総会が開かれます。その総会において8万人収容規模で再整備が決議される。

 これが国に反映いたしまして、11年9月に文部科学省が国立競技場の建て替え調査費を1億円概算要求します。で、次の年の概算要求が認められて調査が始まるわけです。11年の9月に東京都は、2020年のオリンピック招致の申請のファイルを作ります。この中で新国立をメイン会場にすると表明いたします。ほとんど同時期です。

 それで、12年の3月に将来構想有識者会議の第一回が開催され、この経過を踏まえまして12年11月にザハさんの案が選ばれるわけです。その後の13年1月に立候補ファイルを2020年のオリンピック招致に対して出しまして、9月に東京というのが決まった。

 この経緯から言いますと、2009年のラグビー、2013年のオリンピック、この経緯の真ん中にこの改修が決まるんです。今国民はほとんど、この新国立競技場はオリンピック・パラリンピックのために造られるんだというふうにほぼ認識しているんです。もう一度ですね、マスコミの関係者については、この冒頭の言い方を違う形にしていただけないだろうかと僕は思っております」

新国立競技場建設問題の本当の責任者は誰か――影に隠れるラグビー組織とスポーツ議連の存在

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です