「新しい政策研究会」第1回勉強会 2012.1.16

記事公開日:2012.1.16取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年1月16日、衆議院第2議員会館多目的会議室において、小沢一郎元民主党代表が会長を務める「新しい政策研究会」の第1回勉強会が行われた。講師として招かれた榊原英資青山学院大学教授は、不況下での消費税増税は経済学の基本に反しているとし、国債の発行による景気回復を優先すべきと述べるなど、野田政権の政策を批判した。

 また、TPPについても触れ、TPPと日米構造協議の類似性に指摘しつつ、21分野にわたる交渉過程において、郵貯やかんぽといった日本独自の仕組みがアメリカにより骨抜きにされてしまうと懸念を表明した。

■ハイライト

  • 日時 2012年1月16日
  • 場所 衆議院第2議員会館多目的会議室
  • 主催 新しい政策研究会

第1回勉強会には、民主党の他、新党きづな、大地・真民主党を含め、109人の国会議員が参加した。小沢元代表は、補助金制度の改革と地域主権の重要性を強調。また、先日、冷温停止を発表した政府の原発対応について、「安心だというような印象を与える発表があったが、とてもそんなところではない。政府が全力で放射能を封じ込めないと日本の将来はない」と語った。さらに、同勉強会を、官僚からヒアリングを行う場ではなく、政治家主導による政策提言を行う場にしたいと述べた。

同勉強会に参加した国会議員は以下の通り。
石原洋三郎、石森久嗣、大谷啓、大西孝典、大山昌宏、岡本英子、笠原多見子、加藤学、金子健一、川内博史、川島智太郎、木内孝胤、菊池長右ェ門、木村たけつか、京野公子、熊谷貞俊、黒田雄、小林正枝、菅川洋、空本誠喜、高橋英行、高松和夫、中後淳、中野渡詔子、野田国義、橋本勉、畑浩治、平山泰朗、福嶋健一郎、水野智彦、皆吉稲生、三宅雪子、三輪信昭、村上史好、室井秀子、柳田和己、山岡達丸、山口和之、山崎摩耶、渡辺義彦、青木愛、東祥三、石関貴史、市村浩一郎、太田和美、岡島一正、奥村展三、小沢一郎、小沢鋭仁、海江田万里、黄川田徹、楠田大蔵、古賀敬章、小宮山泰子、階猛、神風英男、鈴木克昌、辻恵、豊田潤多郎、中塚一宏、仲野博子、橋本清仁、原口一博、伴野豊、樋高剛、福田昭夫、牧義夫、松木謙公、松崎哲久、三井わきお、山岡賢次、山田正彦、横山北斗、吉田治、和田隆志、渡辺浩一郎、大久保幸重、尾立源幸、幸田久美子、小宮山よしはる、佐藤こうじ、主浜了、武内則男、田城郁、谷亮子、徳永エリ、友近聡朗、外山斎、中村哲治、西村まさみ、畑智子、姫井由美子、平山幸司、広野ただし、藤原良信、室井邦彦、森ゆうこ、安井美沙子、桜井充、平山誠、早川久美子、舟山康江、斎藤すすむ、柚木道義、吉良州司

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です