緊急シンポジウム「秘密保護法“廃止”をあきらめない」 2014.12.10

記事公開日:2014.12.10取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 特定秘密保護法の施行当日である12月10日、千代田区 日比谷図書文化館にて、「秘密保護法“廃止”をあきらめない」と題した緊急シンポジウムが開催された。主催は、特定秘密保護法施行の差し止めを求める「秘密保護法違憲東京訴訟原告団」。
 
 集会では原告代理人の堀敏明弁護士、山下幸夫弁護士らが、シンポジウムでは、元日弁連会長の宇都宮健児弁護士らがこの法律の違憲性を訴えた。

■ハイライト

  • 日時  2014年12月10日(水) 10:00~
  • 場所 日比谷図書文化館(東京都千代田区)
  • 主催 秘密保護法違憲東京訴訟原告団

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です