百人百話「第四十二話・第四十三話」木幡仁さん、木幡ますみさん 2012.2.1

記事公開日:2012.2.1取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 百人百話

「もう大熊町には住めない」

 郡山市出身。56歳。家族は夫の仁さんと子ども3人。事故後、情報は原発で働く友人から得ていた。もう戻れない、構内はぐちゃぐちゃ、放射線が出ていると聞かされた。原発で働く息子をもつ母親は、戦争に取られたようなものと歎いていた。会津若松の図書館でネットを閲覧し、放射線量を調べ、新聞にして周囲に伝えた。今後何十年も帰れないなら大熊町のことは思い切るべき。一時帰宅のたびに線量が高くなる現実を前に、中間貯蔵施設に賛成の要望書を国に提出した。

 2012年2月1日収録/2012年2月24日配信

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です