「これが麻生副総理の言う『ナチスの手口』」 〜吉良よし子議員、秘密保護法の危険性訴え 2013.10.17

記事公開日:2013.10.17取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ 原佑介)

 秋の臨時国会に提出間近!「特別秘密保護法」

 「麻生副総理が『ナチスの手口に学べ』と言ったが、まさに秘密保護法がそれ」――。

 10月15日に召集された臨時国会における特別秘密保護法の提出が迫る中、日本共産党の吉良よし子議員は、10月17日に参議院議員会館で開かれた緊急院内集会「秘密保全法~絶対止めたい!絶対止めよう!大集会」で、同法案についてこのように指摘した。

 緊急集会は、TPPや原発問題などの反対運動を継続的に続けている火炎瓶テツ氏の呼びかけで開かれた。集会には無所属の山本太郎議員、社民党・福島瑞穂議員、日本共産党からは吉良よし子議員、仁比聡平(にひ そうへい)議員が登壇者として参加し、秘密保護法案の危険性を訴えた。

■ハイライト

  • 日時 2013年10月17日(木)
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 火炎瓶テツと仲間たち(告知

秘密保護法成立は、戦争のできる国への第一歩

 仁比議員は、秘密保護法案について「『何が秘密かも秘密』というのがこの法案の本質。懲役10年という重罰を設けて国民を脅し、情報を保護する。言論を圧殺して民主主義を壊す」と述べ、8割の反対意見が集まったパブリックコメントに答えることなく、法案を成立させようとする政府を批判。秘密保護法を「特別委員会」で扱うことにしたのは、衆参両議院の常任委員会とは違い、毎日審議できるからだと指摘し、「国民の大方が知らないうちに首を絞める。国民に知らせず、大問題にされる前にやってしまおうということだ」との見解を示した。

 福島議員は「安倍総理は、選挙がないこれから3年間のタイムスケジュールの中で動いている」と述べ、「来年、自民党が国会に提出する『国家安全保障基本法』の中に、『NSC法案』と、『秘密保護法案』がビルトインされている。だから、国家安全保障基本法案の前に、秘密保護法案を通し、NSC法案を通し、国家安全保障基本法案を通す。そして、『皆さん、もう武力行使もできるし、集団的自衛権の行使もできる。解釈改憲でできるじゃないですか』と事実を先行させて、憲法の明文改憲をしようとしている」との考えを示し、「戦争のできる国への第一歩が、秘密保護法案だ」と結んだ。

秘密保護法制定にみる「ナチスの手口」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です