これがヒミツ?あれもヒミツ!秘密保全法制と情報公開について考えよう 2012.4.13

記事公開日:2012.4.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介)

 2012年4月13日(金)、東京都千代田区の弁護士会館で、日本弁護士連合会主催の「これがヒミツ?あれもヒミツ!秘密保全法制と情報公開について考えよう」が行われた。

 秘密保全法制については、会議の議事録やメモの破棄が明らかになり、「検討過程も秘密扱い」などといわれ、批判されている。最近では、官邸ホームページ上で掲載されている有識者会議配布資料の、ナンバーの書き換えや改ざん疑惑までも報じられている。

■ハイライト

  • 日時 2012年4月13日(金)
  • 場所 弁護士会館(東京都千代田区)

 会合の冒頭、日弁連の宇都宮健児会長は「(秘密保全法制は)国民主権・民主主義の原理と対立する」と述べ、「今必要なのは、国民の知る権利の実現のために、国会で店ざらしになっている情報公開法改正案の実現である」と主張した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です