「政治的中立性」を装った権力の弾圧に「抵抗」するために~「TALK ABOUT DEMOCRACY」Tシャツ、大好評発売中!!

 おはようございます。IWJで主にテキスト関係の業務を担当している平山茂樹と申します。

 9月13日、政府がヘリパッド建設を強行しようとしている沖縄県東村(ひがしそん)高江で、沖縄防衛局は、陸上自衛隊の輸送ヘリ「CH47」による重機の空輸を始めました。在日米軍基地のために日本の自衛隊が投入されたわけで、日本の「対米従属」構造、そして自衛隊の米軍に対する「下請け」化が、改めて明らかになった瞬間でした。

 IWJでは、現在も沖縄の中継市民の皆さんのご助力で高江から断続的に中継を続けており、この沖縄防衛局の自衛隊機投入に関しては、一昨日に原佑介記者が防衛局などに直撃取材をして、以下のようにレポート記事としてまとめました。

※2016/09/14 高江に自衛隊ヘリ出動!?防衛局にIWJが直撃!米軍施設建設のための自衛隊機出動は「初のケース」と認める!小口弁護士「弁護士の稲田防衛相は法的根拠がないことはわかっている」と指摘!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/331482

 この「日刊IWJガイド」で連日お伝えしているように、IWJでは現在、「『国民投票』で自民党改憲草案が現実に!? みんなで語る『改憲への危機感』Talk about Democracy and Constitution ~寄稿文特別掲載!」と題し、市民の皆様から寄稿を募っています。しかし、このコーナーで皆様からお寄せいただいているのは、「改憲への危機感」に限りません。上記のような高江における日本政府の対応に関しても、「怒り」の声が寄せられています。本日は、その中から「garlicpepper」さんの寄稿を紹介します。

続きを読む

「市民にどうして真実が伝わらないのか」安倍政権による改憲に関する寄稿文を募集中!臨時国会幕開け前の今こそ「TALK ABOUT DEMOCRACY」!!

 おはようございます、IWJ記者の城石エマと申します。

 数日前、自宅の部屋の壁に、親指の先くらいの大きさをした足の長い緑色の虫がくっついていて、形がとてもゴキ●リっぽかったので、思わず母に「ゴキの若いのは緑色なんだね」と話したら、母は顔を3cmくらいまで近づけて、「これはバッタだ」と言って窓から放り出していました。

 「肩先に泊つてきつちきつちかな」(小林一茶)

 バッタの声とともに近づいてきたのは、ひやりとした空気に長雨、早い夕暮れ、石焼き芋、そして…臨時国会の幕開けです。

 秋の臨時国会は9月26日から11月30日の66日間の予定で開かれるといいます。いよいよ、国会で憲法改正論議が本格化していきます。この国会が終わったら、季節は冬に差しかかっています。今年の冬はこれまで以上に寒いかもしれません…。

続きを読む

「憲法を変えろ!」というのは「お見合い結婚だったから離婚しろ!」と言っているようなもの!? 安倍政権による改憲に関する寄稿文を募集中!コラボ企画の復刻版「TALK ABOUT DEMOCRACY」Tシャツ絶賛発売中!

おはようございます。IWJでテキスト業務を担当している福田玲子です。

日本最大の右派組織「日本会議」の「国会議員懇談会」の副会長をつとめるなど、タカ派体質の「地金」が気になる小池百合子新都知事ですが、少なくとも、ここにきて築地市場の豊洲移転延期を表明するなど、意外な展開になってきました。

この部分だけに限っていえば、評価できるのではないかと思われます。もちろん今後、どう決断するのかわかりませんし、彼女のこれまでの業績・発言や、思想のバックボーンその他を考えれば、油断は禁物です。

ここ2、3日、メディアを賑わしているのは豊洲の「盛り土」問題。これがなされたのは石原慎太郎都政の時代ですが、石原氏はこの問題を知らなかったのでしょうか。

計画そのものの杜撰さ、いい加減さに加え、青天井に膨らむ杜撰な金勘定など、都政をメチャクチャにしてきたと言われても仕方がない石原氏ですが、この豊洲移転に関しても、都民の健康や安全はないがしろで計画されてきたのであり、到底許せるものではありません。

続きを読む

”市民球団”広島カープの応援にもうってつけ!? IWJ特製「TALK ABOUT DEMOCRACY」Tシャツ、大好評発売中!

 おはようございます。IWJで主にテキスト関係の業務を担当している平山と申します。

 9月10日、プロ野球・セリーグで広島東洋カープが25年ぶりの優勝を決めました。地元・広島は大変な盛り上がりで、優勝を決めた「巨人―広島戦」の平均視聴率は、なんと60.3%だったそうです。

 1949年、広島カープは特定の親会社に依存しない「市民球団」として発足。常に資金難と闘いながらも、わずか5年前の原爆の投下によって疲弊した広島市民の「希望の星」として、選手は泥臭いプレーを信条としながら活躍を続けてきました。原爆投下後の広島を描いた『はだしのゲン』でも、ゲンがカープを応援するシーンが描かれています。

 広島には今年5月27日、アメリカのオバマ大統領が初めて訪問し、核兵器の廃絶を訴えるスピーチを行いました。オバマ政権は現在もシリアなどで空爆を行っており、その外交・安全保障政策は決して賞賛されるべきものではありませんが、オバマ大統領の訪問と広島カープの優勝は、戦後71年を迎えた今年、広島市民にとって「戦後」を画する印象的な出来事となったのではないでしょうか。

 さて、私たちがプロ野球を楽しめ、広島カープの活躍を応援することができるのも、戦後の日本が一貫して憲法に規定された「平和主義」を遵守し、戦争の放棄を掲げてきたからです。しかし現在の安倍政権は、そうした戦後日本の歩みを否定し、本格的に改憲に乗り出そうとしています。

 この「日刊IWJガイド」で連日お伝えしていますが、IWJでは現在、「『国民投票』で自民党改憲草案が現実に!?みんなで語る『改憲への危機感』Talk about Democracy and Constitution」と題し、市民の皆様から寄稿を募っています。本日は、石井正之さんから寄せられた「憲法改悪はすでに始まっています」と題する寄稿をご紹介させていただきます。

続きを読む

「『護憲』か『改憲』か」という改憲勢力の罠!「建設的議論」で彼らが封じようとしている自由と民主主義を体現しよう!

 おはようございます。IWJの佐々木隼也と申します。

 いよいよ今月末に臨時国会が召集され、本格的な憲法改正論議が始まります。改憲をめぐっては、昨年の安保法制国会などを経て、国民のあいだにも議論の土壌や、問題点の理解が急速に広がったように思います。しかし、はたして国民の側は「準備万端」と言えるでしょうか?

 改憲論議といえば、「護憲」か「改憲」かという二項対立の構図に、意図的におとしこめられているような気がしないでしょうか?

 IWJが現在、市民の皆様から広く寄稿を募集している「みんなで語る『改憲への危機感』」に、「文筆家・みなとかおる」さんが、ハッとする投稿をしてくださいました。

続きを読む

1年前のあの頃を思い出そう!もっと声をあげて~「TALK ABOUT DEMOCRACY and CONSTITUTION」Tシャツと寄稿文でみなさんの声を世の中に届けよう!

 おはようございます、IWJ記者の城石エマと申します!

 今世間でもっとも盛り上がっている話題といったら、やっぱりiPhone7の新発売でしょうか?みなさんの中にも、自分の内側から物欲の悪魔が頭をもたげはじめているのを感じて、今必死で戦っている最中、という方もいるのではないでしょうか?

 分かります、その気持ち。私はApple製品が苦手なので(挫折経験あり)iPhone7になびくことはないのですが、欲しいと思ったらまるで恋に落ちたように夜な夜な考え続けてしまいます。

 夜ごと悶々とし続けている方へ。23歳の小娘の短い人生経験からあえて言わせていただけば、想い続ける時間が長かったものほど、買ったあとで愛着がわきます。だから私は買い物にはかなり時間をかけます。ときには数ヶ月間悩み続けます。

 でも一方で、買い物には「タイミング」もありますよね。季節やセール、お財布事情…。自分の「欲しいぞ!」の気持ちと、「まさに今!」のタイミングがちょうど交差した瞬間に買ったものは、長きにわたるパートナーになってくれている気がします。ずいぶんと労力が必要とされますが、悩み続ける時間も含めてやっぱり、お買い物は人生のささやかな喜びですね。

 さて、そろそろみなさんの中で「欲しいぞ!」の気持ちが高まってきているものと言えば、これですね。

続きを読む

「知ること、考えること、話すこと」~今だからこそ、民主主義と憲法について話そう!みんなで語る「改憲への危機感」寄稿もまだまだ募集中!ファッションの秋には復刻版「TALK ABOUT DEMOCRACY」Tシャツがお薦めです!大好評発売中!

 IWJ50s(フィフティーズ)のテキスト&WEB班 ミドルド関根です。おはようございます。

 もう9月。夏がす~ぎ~風あざみ~、と少年時代はいつのことだったのやら。人生の折り返し点をすぎ、還暦が目前に近づいてくると、前を見るより、過去の、少し美化された思い出ばかりを振りかえってしまいがちです。

 しかし、この夏だけでも、参議院選、都知事選、相模原殺傷事件、高江ヘリパッド工事での弾圧、リオ・オリンピック、天皇陛下の生前退位と、めまぐるしく揺れ動く日本は、そんな感傷にひたる暇を与えてはくれません!

続きを読む

つながりあう新自由主義、ヘイトクライム、そして改憲~「みんなで語る『改憲への危機感』」寄稿募集中!「TALK ABOUT DEMOCRACY」Tシャツも絶賛発売中!

 「日刊IWJガイド」では連日、「『国民投票』で自民党改憲草案が現実に!? みんなで語る『改憲への危機感』Talk about Democracy and Constitution」と題して、市民の皆さんから投稿していただいた寄稿をご紹介しています。

 しかし、このコーナーにご投稿いただくのは、必ずしも「改憲」に関することばかりではありません。本日は、自らも「障害者」であるという「でぐちこうじ」さんからお寄せいただいた、神奈川県相模原市の「津久井やまゆり園」で発生した連続殺傷事件に関する投稿をご紹介します。

———————————-

続きを読む

「権力の一元化」に抗うために議論しよう!「みんなで語る『改憲への危機感』」寄稿募集中!「TALK ABOUT DEMOCRACY」Tシャツも絶賛発売中!

 おはようございます。IWJで主にテキスト関連の業務を担当している平山と申します。

 岩手県と北海道を中心に甚大な被害をもたらした台風10号が去ってから1週間も経たぬうちに、大型の台風12号が日本列島に迫っています。現在、台風12号は熊本県の南西の海上を北上しており、9月5日未明には九州北部に上陸するおそれがあります。

 先日の台風10号は、東北地方、特に岩手県に大きな爪痕を残しました。岩手県岩泉町と久慈市の住民814人が孤立した他、豪雨による土砂崩れなどで計14人が死亡するという大惨事となりました。

 このような大規模な自然災害が起きるたびに、「保守派」の論客を中心として提起されるのが、改憲による「緊急事態条項」の創設です。「緊急事態条項」を発令することで権力の所在を行政府たる内閣に一元化することで、災害への対処を円滑に行う、というのがその理由であるとされます。

 しかし、「内閣への権力の一元化」とは、よくよく考えてみれば非常に恐ろしい事態です。国家権力は本来、立法府、行政府、司法府の三権に分立されることで均衡を保っています。にもかかわらず、「緊急事態条項」で行政府の権力だけが突出すれば、権力の暴走に対し歯止めがきかなくなってしまいます。

 にもかかわらず、自民党憲法改正草案第98・99条には、危険きわまりない「緊急事態条項」の新規創設がはっきりと明記されています。災害が起きるたびに、自分たちが創設を狙っている「緊急事態条項」に結びつけるのは、惨事便乗した卑劣な「やり口」であると非難されても仕方ないのではないでしょうか。

 7月10日に投開票が行われた参院選の結果、自民党・公明党・日本維新の会(おおさか維新の会から改称)・日本のこころを大切にする党の「改憲勢力」が、衆参でともに3分の2議席を占めるに至りました。改憲、そして「緊急事態条項」の創設は、いよいよ待ったなしの状態にあります。

 そこでIWJでは、間近に迫った改憲の危機に警鐘を鳴らすべく、市民の皆さんから幅広く寄稿を募っています。題して「『国民投票』で自民党改憲草案が現実に!?みんなで語る『改憲への危機感』 Talk about Democracy and Constitution」。これまでにも、数多くの皆様から投稿が寄せられています。

 本日はその中から、「Oda Kumi」さんの「改憲後の社会は暗黒社会です」と題した投稿をご紹介します。

続きを読む

まだまだご寄稿募集中!IWJ特設投稿欄「みんなで語る『改憲への危機感』」と、IWJオリジナルTシャツのご紹介!

 昨日9月2日、民進党の代表選が告示されました。立候補を表明したのは、蓮舫氏、前原誠司氏、玉木雄一郎氏の3人。15日の臨時党大会まで、約2週間の選挙戦がスタートしました。IWJでは、昨日13時30分から民進党本部で行われた共同記者会見の模様を取材・中継しました。

※2016/09/02 民進党代表選挙候補者による共同記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/329266

 9月26日には、秋の臨時国会が召集されます。今国会での最大の争点は、改憲による「緊急事態条項」の創設です。

 7月10日に投開票が行われた参議院選挙の結果、自民党、公明党、日本維新の会(おおさか維新の会より改称)、日本のこころを大切にする党の「改憲勢力」が、衆参で3分の2議席を占めるに至りました。事実上、安倍政権が改憲に踏み切ろうと思えば、いつでも国会で改憲の発議を行うことができるのです。

 民進党は先の参院選で、はっきりと「3分の2阻止」を掲げました。今回の代表選でも、安倍政権による改憲に対するスタンスを各候補者がはっきりと示し、争点のひとつとしてしっかりと取り上げてもらいたいと思います。

 さて、IWJでは現在、現実味を増す改憲への動きに関して、市民の皆さんからの寄稿を募っています。本日は、「石田」さんから「安倍政権の目論む改憲の異様さ」というタイトルでお寄せいただいた寄稿をご紹介したいと思います。

続きを読む