日刊IWJガイド・ウィークエンド版「北朝鮮外相・リ・ヨンホ氏が太平洋上での『水爆の実験』に言及~IWJスタッフは経産大臣、防衛大臣会見で直撃取材するも、悠長な回答に終始!?~『「今、危機だ!」と煽っておいて、一体何年先の話をしているのか』と日本のミサイル防衛を痛烈批判!元自衛隊レンジャー隊員・井筒高雄氏に岩上さんが15時からインタビュー!」2017.9.23日号~No.1835号~


■■■ 日刊IWJガイド・ウィークエンド版「北朝鮮外相・リ・ヨンホ氏が太平洋上での『水爆の実験』に言及~IWJスタッフは経産大臣、防衛大臣会見で直撃取材するも、悠長な回答に終始!?~『「今、危機だ!」と煽っておいて、一体何年先の話をしているのか』と日本のミサイル防衛を痛烈批判!元自衛隊レンジャー隊員・井筒高雄氏に岩上さんが15時からインタビュー!」2017.9.23日号~No.1835号~ ■■■
(2017.9.23 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>北朝鮮外相・リ・ヨンホ氏が太平洋上での「水爆の実験」に言及~IWJスタッフは経産大臣、防衛大臣会見で直撃取材するも、悠長な回答に終始!?~「『今、危機だ!』と煽っておいて、一体何年先の話をしているのか」と日本のミサイル防衛を痛烈批判! 元自衛隊レンジャー隊員・井筒高雄氏に岩上さんが15時からインタビュー(青木浩文)
┠■【中継番組表】
┠■<IWJが報じた1週間総まとめ>
┠――【1】田中俊一・原子力規制委員長が240回目となる最後の会見!バトンを受け取った更田豊志氏が新委員長に就任!ミサイル攻撃について「発電所を停止する権限は私たち(規制委員会)にある」と断言!(ぎぎまき)
┠――【2】「野党協力」ためらう民進党・前原誠司代表!「この選挙で3分の2議席を与党に許せば、もう後がない。この総選挙は日本の民主主義を守る最後の機会、ラストチャンスだ」〜山口二郎氏ら「市民連合」は野党に選挙協力を訴え!(原佑介)
┠――【3】「いずれは、868本のホームランを目指せるような選手になりたい」――早稲田実業「スラッガー」の清宮幸太郎選手がプロ野球志望届を提出へ~進路表明会見で(須原拓磨)
┠■<★お知らせ★>「権力は私が監視しちゃうもんね!」 IWJではテキストスタッフを緊急募集中です!(原佑介)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>北朝鮮外相・リ・ヨンホ氏が太平洋上での「水爆の実験」に言及~IWJスタッフは経産大臣、防衛大臣会見で直撃取材するも、悠長な回答に終始!?~「『今、危機だ!』と煽っておいて、一体何年先の話をしているのか」と日本のミサイル防衛を痛烈批判! 元自衛隊レンジャー隊員・井筒高雄氏に岩上さんが15時からインタビュー
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJで動画班のお手伝いをしながら報道現場の勉強をしています青木浩文です。

 アメリカのトランプ大統領が19日の国連総会の演説において「北朝鮮を完全に壊滅するほか選択肢はなくなる」などと北朝鮮を威嚇したのに対し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は昨日9月22日、「史上最高の超強硬な対応措置の断行を慎重に検討する」と強く反発しました。

 国連総会に出席するためニューヨークを訪れていた北朝鮮外務大臣・李英浩(リ・ヨンホ)氏は同日、「対応措置とは何を意味するのか」という記者団の質問に対し、「私の考えではおそらく水爆の実験を太平洋上で行うことになるのではないかと思う」と述べ、トランプ政権を強く威嚇しました。

 20日午後には安倍晋三首相は国連総会で演説。北朝鮮の核実験や日本上空を通過した弾道ミサイル発射に対し「脅威はかつてなく重大で、眼前に差し迫ったものだ」と主張。金正恩委員長を「独裁者」と批判し、北朝鮮の対応に関しては「必要なのは対話ではない。圧力だ」と強調しました。

 この発言に対して、IWJ代表の岩上さんはツイッターに次のように投稿し、安倍総理の国家のリーダーとしての資質を批判しました。

「日本のリーダーに必要なのは、成熟した大人の知性と核の熱戦に対する想像力、冷静さと破滅を避ける慎重さ、どこの国の国民にであれ、犠牲が出ることへの怖れや痛み。どれもこれも『北問題に必要なのは対話ではない、圧力だ』と国連で言い切った悲喜劇的な道化師・安倍晋三氏にすべて欠けているもの」

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/910898342862905344

 興味深いのが「北朝鮮を完全に壊滅するほか選択肢はなくなる」というトランプ大統領の強硬なメッセージのみが強調されて報道されていますが、CNNから次のような報道が。フォト・セッションの後で、記者から「北朝鮮との対話はまだ可能なのか」と質問に、トランプ大統領は「もちろん(Why not?)」と回答。「必要なのは対話ではない。圧力だ」などと息巻いた安倍総理はトランプ大統領からはしごを外され、ひとり、孤立している状態と言えないでしょうか。

※Trump turns to sanctions, diplomacy on North Korea after threatening destruction

http://edition.cnn.com/2017/09/21/politics/donald-trump-north-korea-sanctions/index.html

 日本政府が「成熟した大人の知性と核の熱戦に対する想像力、冷静さと破滅を避ける慎重さ」を持ち合わせているのか? それを確認すべくIWJは昨日22日、世耕弘成経済産業大臣、そして小野寺五典防衛大臣の記者会見に出席し質問、その模様を中継しました。

 世耕経産大臣の会見に出席した大下由美記者は2点質問。1点目は8月29日の会見で、世耕大臣が北朝鮮のミサイル着弾した場合、大きな被害が懸念される原発や関連施設については「法的に規制委員会が検討すること」と述べただけで、対策の必要性は明言しなかったことに関し、「政府としての国家の安全保障、電力供給、国民の安全確保というすべての視点からの統一的な具体策が示されていないのは問題ではないか」と指摘しました。

 2点目は、9月15日に電気事業連合会の勝野哲会長が、原発の新たな規制基準が「航空機の突入にも対応できる」とされていることから、ミサイルが原発に撃ち込まれても「大量の放射性物質は出ない」と発言したことに触れ、「巨大な破壊力を持つミサイルと航空機を混同するのは問題ではないか」と、大臣の見解を求めました。

 世耕経産大臣は「2問まとめてお答えします」と前置きし、「武力攻撃事態の認定が行われた場合は、警報が発令された地域の原子力事業者の事業者に対して原子力規制委員会から、ただちに運転停止命令が行われる」などと30日と同様の原子力規制委員会任せの回答を繰り返しました。

 その上で「経産省としても、関係機関及び電力事業者との連携を密にして、こうした事態に際して、事業者自らが迅速に対応できるよう、注意喚起をしていくとともに、万が一原子炉の運転停止等が発生した場合は、直ちに電力の安定供給の確保に必要な対応を講じてまいりたい」と回答し会見を終了。

 ミサイルの着弾と航空機によるテロ攻撃とを同じレベルでとらえ、根拠もなく「放射性物質は出ない」と言いきって電事連の勝野会長の発言(妄言?)にはコメントしませんでした。「脅威は眼前に差し迫った」と緊急性を訴えた安倍総理の演説とは対照的に、「対応を講じてまいりたい」などとはずいぶんと悠長な回答ではないでしょうか。

 こと原発が絡むと日本政府の姿勢は急にスピードダウンします。これで安全保障が保てるのか、非常に不安です。

 また、大下記者が「電事連についてはどうなんでしょうか?」と問いかけましたが、世耕大臣はそれには答えず、会見場を後にしました。

 小野寺防衛大臣の会見は、岩上さんが出席の予定で手続きを済ませていましたが、当日の朝に予期せぬ多事に追われて会場への入室がかなわず、急遽カメラマンとして早く到着していた澤理恵記者が岩上さんから託された質問を投げかけました。

 澤記者は、北朝鮮からの弾道ミサイルに対して「米軍や自衛隊などにはかろうじてPAC3が配備されているが、東京や大阪などの大都市、原発は無防備」であることを指摘、また以前小野寺大臣が保守系雑誌『月刊WiLL(ウィル)』などで、「ミサイル発射前に先制攻撃となる敵基地攻撃をするべき」などと持論を述べたことに触れ、「敵の報復の第二撃も考慮にいれた発言なのか」と迫りました。

 これに対して小野寺大臣は、「弾道ミサイルに対する対応は、イージス艦の対応が基本的な一義的な対応、補完的に陸上配備のPACS3部隊が対応している」と回答。また『月刊WiLL』での発言は、「私が大臣に就任する前の議論であり、就任して以降は安倍総理の指示の下、この問題については現在検討をしていない」と肩透かしの回答でかわしました。

 大臣会見の詳細については、下記よりご視聴いただけます。また、全編動画をご視聴いただくには会員登録が必要です。この機会にぜひご検討ください。

※ミサイル着弾時の原発安全対策を世耕経産大臣に追及!IWJの「政府の統一的な対策がない」との指摘を全否定!? 電事連会長の「放射性物質放出なし」発言の見解求めるも回答拒絶し退場!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398662

※ノドン、ムスダン、核兵器…「敵基地攻撃論」を持論とする小野寺防衛大臣は北朝鮮の「反撃」が視野にあるのか!? IWJが記者会見で直撃!小野寺大臣は露骨に逃走!?

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398663

※会員登録はこちらから行えます。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 さて、本日23日は15時から、元自衛隊レンジャー隊員である井筒高雄氏の岩上さんによるインタビューを行います。小野寺大臣の答弁によれば、日本のミサイル防衛は「イージス艦の対応が基本でPAC3は補完的」とのことですが、井筒氏はこの日本のミサイル防衛の現実について徹底的に批判しています。

 「(自衛隊が保有する)イージス艦は今6隻あるうち、現在迎撃可能なのは4隻のみ。残りの2隻に(迎撃機能を)今あわててつけています。また、あらたに2隻建造予定。またイージス艦のジョージアというミサイルだけを陸上に置くという陸上型イージスは2基導入予定ですが、オーダーしてから4年かかります。さらに、これを自衛隊が使用するのは初めてのため、訓練も必要。『今危機だ!』と煽っておいて、一体何年先の話をしているのか! これで喜ぶのはアメリカの防衛産業だけだ!!」

 この井筒氏の講演の模様は下記から視聴可能ですが、全編動画をご覧になるためには、会員登録が必要です。この機会にぜひご検討ください。

※北朝鮮への「異次元の圧力やめとけよ!!」これが日本のミサイル防衛の現実!?~ベテランズフォーピースジャパンのシカゴ総会報告会と最新情報 2017.9.14

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398131

※会員登録はこちらから行えます。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 そしてもちろん、本日15時開始予定の岩上さんによる「深掘り」インタビューもぜひご視聴ください。井筒氏が現在取り組まれている「VFPジャパン~VETERANS FOR PEACE JAPAN」、日本のミサイル防衛、そして北朝鮮が目論むといわれる「電磁パルス攻撃」についてもお聞きする予定です。ぜひ、ご期待ください!

※【9/23(土)15:00開始】岩上安身によるVFPJ代表・元陸上自衛隊レンジャー隊員 井筒高雄氏インタビュー
YouTube Live 視聴URL:

https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

ツイキャス:

http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 また、北朝鮮のミサイル問題などでかき消されてしまいそうですが、安倍総理は憲法改正に向けて着々と布石を打っています。

※「9条に自衛隊」 安倍総理の改憲案、自民選挙公約に明記へ(9月20日朝日新聞デジタル)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/19/constitution_a_23215656/?utm_hp_ref=jp-politics

 これに対して、岩上さんは9月21日の自身のツイッターで「問題は『9条の論議』ではない」として、あらためて警鐘を鳴らしています。

「問題はこちらではない。改憲案の本命は緊急事態条項! 米国の傀儡の独裁政権が一夜にして誕生する。9条の論議など、緊急事態宣言が発令されれば吹き飛ぶ」

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/910549186185007106

 緊急事態条項については、石田勇治東大教授との対談本『ナチスの「手口」と緊急事態条項』を出版した長谷部恭男早大教授に、岩上さんが9月25日15時半頃よりインタビューする予定です。こちらも、ぜひ今からスケジュール表に書き留めていただき、お見逃しなきようご視聴ください!

 さて、IWJのこういった運営活動の半分は会員の方々からの会費、残りの半分は皆様からのカンパ・寄付で成り立っています。大手広告主やスポンサーの顔色がうかがいながら、本来報じるべきことを報じず、論じるべきことを論じようとしないマスメディアとは一線を画し、他社が伝えない事実をIWJが伝え続けていられるのも、この活動にご賛同いただいた市民の皆さん、お一人おひとりのご支援があればこそです。

 もし、この日刊ガイドをお読みになっていて、まだ会員登録がお済みになっていない方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にご検討いただけないでしょうか。

 会員には「一般会員」と「サポート会員」の2種類あります。現在、IWJのウェブサイトでは、1万9千余りの豊富なアーカイブが存在しますが、「一般会員」はそのうちの独自コンテンツのアーカイブの一部を、「サポート会員」はすべてのコンテンツのアーカイブを閲覧・視聴いただけます。

 どちらの会員も入会金は無料。「一般会員」の会費は月々千円、もしくは、お得にまとめて1年分で1万円。「サポート会員」は月々一口3千円から何口でも、もしくは、1年一口3万円から何口でも。また、ご入会当月はお試しの無料期間となります。

 公共放送でありながらその役割を十分に果たさず、政府の発表のみを一方的に報じることから「政府広報」などと揶揄されるNHKの受信料が2ヶ月で4,560円(地上報道と衛星放送)、また大手新聞の月額購読料が約4千円であることなどと比較して考えても、IWJが伝える情報の価値はその会費以上の価値があると自負しております。ぜひご検討いただければ幸いです。

※会員登録の詳細はこちらからご覧ください。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、現在IWJの会員数は6千人弱となっています。今期がスタートした8月以降、岩上さんが展開する様々な方々へのインタビューは、おかげ様で反響が大きく、高い評価の声や、激励のお言葉を多数いただいております。会員数もわずかではありますが増加傾向にあり、手応えを感じています。

 しかしながら、現状の会員数の会費でやり繰りできるのは運営活動費の半分程度で、残り半分は皆様からのカンパ・ご寄付で賄っております。

 IWJの運営活動に必要なカンパ・ご寄付は月にして約500万円。しかし、今期がスタートした8月にいただいたカンパ・ご寄付は約100万円。今月9月も1~20日までの期間で200万円と厳しい状況が続いています。

 現在、物品購入や出張旅費等はかなり押さえており、またウェブ・サーバーの増強に約200万円の出費を検討していたのも、今回は見送ることにしました。緊急ではない出費は可能な限り後回しにして経費削減に努めています。

 他方、常勤約30人の人件費には手を付けることはできません。人件費の削減は、即活動の縮減、質の低下につながっていくからです。来年の春には、テキスト班の優秀なメンバーの転職が決まっており、大学院への進学、実家の家業をつぐため等、円満退社ですが、その欠員を埋めるべく、今のうちから人材を確保して、育成していなければなりません。

 ぜひ、皆さんのカンパ・ご寄付でIWJの活動を支えてください。銀行口座への振込に加え、クレジットカードでの決済も可能です。ご検討のほどよろしくお願いいたします。

※寄付・カンパのお申し出はこちらからご確認いただけます!

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.9.23 Sat.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2・愛媛】12:00~「今治加計獣医学部問題を考える会 今治デモ(第1部)」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 「今治加計獣医学部問題を考える会」主催の今治デモ(第1部)を中継します。
———————-

【IWJ_Youtube Live】15:00~「『爆撃より外交を』~米韓同時演習を中止し、北朝鮮と交渉を開始せよ!岩上安身によるベテランズ・フォー・ピース・ジャパン代表 井筒高雄氏インタビュー!」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による井筒高雄氏インタビューを中継します。
———————-

【ツイキャス・エリアCh2・愛媛】16:30~「今治加計獣医学部問題を考える会 今治デモ(第2部)」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 「今治加計獣医学部問題を考える会」主催の今治デモ(第2部)を中継します。
———————-

【ツイキャス・エリアCh2・愛媛】18:00~「今治加計獣医学部問題を考える会『市民との対話集会』」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 「今治加計獣医学部問題を考える会」主催の対話集会を中継します。

============

◆中継番組表◆

**2017.9.24 Sun.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_MIE1】10:00~「安倍政権の疑惑隠し解散に抗議する緊急対談 芝博一・岡あゆみ」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=mie1

 「市民連合みえ」主催。参議院議員・民進党三重県連代表 芝博一氏と市民連合よびかけ人 岡あゆみ氏による対談を中継します。
———————-

【Ch未定】16:00~「残業代ゼロ法案と定額働かせ放題 に反対するデモ」

 「AEQUITAS(エキタス)」主催のデモを中継します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【実況ツイ録】「真の愛国者ならミサイル危機を案じ、原発停止を主張すべきだ」〜北朝鮮のミサイル攻撃を想定し高浜原発運転停止を訴える! 岩上安身による河合弘之弁護士インタビュー・ダイジェスト

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398678

「この選挙で3分の2議席を与党に許せば、もう後がない。この総選挙は日本の民主主義を守る最後の機会、ラストチャンスだ」〜山口二郎氏ら「市民連合」が野党に選挙協力を訴え記者会見!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398613

前原代表「憲法改正を政権公約に盛り込む議論を進めている」「幹事長から『野党共闘』や『一本化』で合意したとは聞いていない」~民進党 前原誠司代表 定例記者会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398611

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★お知らせ★>「権力は私が監視しちゃうもんね!」 IWJではテキストスタッフを緊急募集中です! IWJではテキストスタッフを緊急募集中です!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 IWJでは現在、テキスト班の中核を担う記者志望者を大募集中です!

 テキスト班は現場に出て取材し、記事を書くこともあれば、岩上さんがインタビューや講演会で使用するパワーポイント資料の作成、インタビュー前のリサーチなど、「編集者・リサーチャー」的な仕事も担います。この日刊IWJガイドの執筆陣も、主にテキストスタッフです(日刊ガイドも各記事も、署名が出ていなくても全てアンカーは岩上さんが担当しています)。

 ぜひ記者の仕事に飛び込み、「権力は私が監視しちゃうもんね!」という意気込みで、楽しくお仕事していただければと思います!

1)既存メディアを通じて政治に興味があり、知識量があり、IWJコンテンツをよく見ている方(即戦力になってほしいのでIWJ会員であると、なお望ましいです)。
2)映像を観て5W1Hを踏まえたサマリー(要旨、要約)が書ける方。
3)取材に貪欲な意欲がある方。
4)知的咀嚼力、行動力、コミュニケーション能力のある方。
5)的確なサマリーをコンパクトにスピーディーに書ける方。
6)リサーチ力に優れ、知らない事象でも調べて行くことのできる方(図書館などで本や文献を調べるなど)。
7)パワーポイントの作成ができる方
8)海外記事を読んで訳せる、外国の政治状況に精通している方。
9)新聞・雑誌など既存メディアで働いていて取材、文字を書く実績があり、IWJは兼業でやりたいという方。IWJには、自分の会社や別の仕事を持ちながら、週の何日かをIWJでの仕事にあてているスタッフが何人もいます! もちろんIWJ専業でもOKです。
10)海外にいながら、翻訳をしたり、IWJに情報を送ったりしてくれる方。
11)遠隔地に住んでいる方で、在宅で一日何時間かの稼働でサマリーを頼める方。
12)寄稿いただくだけでも構いません(有償・無償は別途ご相談に応じます。また、全てのご寄稿を必ず掲載できるとはお約束できません。ご了承ください)。

 以上の1~12をすべて兼ね備えている必要はもちろん、ありません。基本的には東京のIWJ本部にフルタイマーで勤務できる専業の方を歓迎しています。突撃記者が得意だったり、机に向かって山のような資料を読み込んでテキストやパワポを作成するのが得意な方もいるでしょう。それぞれの長所をいかしていただければと思います

 テキストスタッフ希望の方は、履歴書とともに、「最近気になったニュース」について、2000文字前後のレポートの提出もよろしくお願いします。

※スタッフのご応募はこちらからお願いします!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、IWJには「インターン制度」もあります。まずは一週間程度の職場体験で、IWJの活動をのぞいてみませんか? 学生の方だけでなく、社会人の方もお待ちしています。

※IWJインターン応募フォーム

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScNiPB0JzZ5xdz69_tIx3EzMpgiTjTO3LEhMn-Fh1-fbegC_A/viewform

 それでは今日も1日、IWJをよろしくお願いいたします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンはこちらから!

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20170923


Comments are closed.