【IWJブックレビュー】巨匠たちの想像力〔戦時体制〕『あしたは戦争』 企画協力 日本SF作家クラブ(ちくま文庫)

 本書は、SF界の巨匠10人が「戦争」をテーマに描いた作品を収めた小説集である。

 小松左京『召集令状』は、差出人不明の「召集令状」が戦後派の若者たちに届くところから始まる。かつての赤紙そっくりの「召集令状」を手にしても、彼ら戦後派が抱くのは、恐怖よりは戸惑いである。むしろ強烈な反応を示したのは、「あの時代を知っている」世代だった。

続きを読む